今回のゲストは、高野 登さん。

【プロフィール】
1953年、長野県戸隠生まれ。ホテルスクール卒業後、1974年に渡米。
NYプラザホテル、SFフェアモントホテルなどでマネジメントを経験。
1990年、サンフランシスコのリッツ・カールトンの開業を参画。
1993年にホノルルオフィスを開設。翌94年に日本支社長として帰国。
日本におけるブランディング活動をしながら、シンガポール、ソウル、バリ島のリッツ・カールトンの開業をサポート。
1997年に大阪、2007年に東京の開業をサポート。
2009年、長野市長選出馬のため退職。3週間の準備期間で現職に651票差に迫るも惜敗。
2010年、人とホスピタリティ研究所設立。現在に至る。

著書に、『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』『一流の男は「気働き」で決める』(かんき出版)、『たった一言からはじまる「信頼」の物語』(日本実業出版社)、『リッツ・カールトンと日本人の流儀』(ポプラ社)などがある。


今回は、HASEが"リッツ・カールトンという職場"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、高野 登さん。

【プロフィール】
1953年、長野県戸隠生まれ。ホテルスクール卒業後、1974年に渡米。
NYプラザホテル、SFフェアモントホテルなどでマネジメントを経験。
1990年、サンフランシスコのリッツ・カールトンの開業を参画。
1993年にホノルルオフィスを開設。翌94年に日本支社長として帰国。
日本におけるブランディング活動をしながら、シンガポール、ソウル、バリ島のリッツ・カールトンの開業をサポート。
1997年に大阪、2007年に東京の開業をサポート。
2009年、長野市長選出馬のため退職。3週間の準備期間で現職に651票差に迫るも惜敗。
2010年、人とホスピタリティ研究所設立。現在に至る。

著書に、『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』『一流の男は「気働き」で決める』(かんき出版)、『たった一言からはじまる「信頼」の物語』(日本実業出版社)、『リッツ・カールトンと日本人の流儀』(ポプラ社)などがある。


今回は、HASEが"リッツ・カールトンの方針"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、高野 登さん。

【プロフィール】
1953年、長野県戸隠生まれ。ホテルスクール卒業後、1974年に渡米。
NYプラザホテル、SFフェアモントホテルなどでマネジメントを経験。
1990年、サンフランシスコのリッツ・カールトンの開業を参画。
1993年にホノルルオフィスを開設。翌94年に日本支社長として帰国。
日本におけるブランディング活動をしながら、シンガポール、ソウル、バリ島のリッツ・カールトンの開業をサポート。
1997年に大阪、2007年に東京の開業をサポート。
2009年、長野市長選出馬のため退職。3週間の準備期間で現職に651票差に迫るも惜敗。
2010年、人とホスピタリティ研究所設立。現在に至る。

著書に、『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』『一流の男は「気働き」で決める』(かんき出版)、『たった一言からはじまる「信頼」の物語』(日本実業出版社)、『リッツ・カールトンと日本人の流儀』(ポプラ社)などがある。


今回は、HASEが"リッツ・カールトンとの出会い"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、白駒妃登美(しらこま ひとみ)さん。

【プロフィール】
1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。卒業後、日本航空に勤務し、1992年には宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活動中に、大病を患う。

命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。
生き方を変えたことで奇跡的に病状が快復。
2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。

講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。
全国各地での講演・メディア出演依頼は年間200回におよぶ。
主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。
子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。

天皇陛下御即位三十年奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授をつとめる。


今回は、HASEが"吉田松陰"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、白駒妃登美(しらこま ひとみ)さん。

【プロフィール】
1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。卒業後、日本航空に勤務し、1992年には宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活動中に、大病を患う。

命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。
生き方を変えたことで奇跡的に病状が快復。
2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。

講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。
全国各地での講演・メディア出演依頼は年間200回におよぶ。
主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。
子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。

天皇陛下御即位三十年奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授をつとめる。


今回は、HASEが"福沢諭吉と北里柴三郎"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、白駒妃登美(しらこま ひとみ)さん。

【プロフィール】
1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。卒業後、日本航空に勤務し、1992年には宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活動中に、大病を患う。

命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。
生き方を変えたことで奇跡的に病状が快復。
2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。

講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。
全国各地での講演・メディア出演依頼は年間200回におよぶ。
主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。
子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。

天皇陛下御即位三十年奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授をつとめる。


今回は、HASEが"大病と奇跡"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。



今回のゲストは、白駒妃登美(しらこま ひとみ)さん。

【プロフィール】
1964年、埼玉県生まれ。福岡市在住。幼い頃より歴史や伝記の本を読み、登場人物を友だちのように感じながら育った。福沢諭吉に憧れ、慶應義塾大学に進学。卒業後、日本航空に勤務し、1992年には宮澤喜一首相訪欧特別便に乗務。その後、企業の接遇研修講師、結婚コンサルタントとして活動中に、大病を患う。

命と向き合い、歴史上の偉人の生き方を改めて丁寧に紐解くなかで、かつての日本人が生きていた「今を受け入れ、この瞬間に最善を尽くし、天命に運ばれていく」という天命追求型の生き方にシフトする。
生き方を変えたことで奇跡的に病状が快復。
2012年、株式会社ことほぎを設立し、日本の歴史は「志」のリレーであり、報恩感謝の歴史であることを伝える講演活動を本格的に開始する。

講演では「こんな歴史の先生に出会いたかった」「日本人に生まれてよかった」と涙する参加者が続出。
全国各地での講演・メディア出演依頼は年間200回におよぶ。
主な講演先は、経営者勉強会、企業、教育機関、官公庁など多岐にわたる。
子育てと仕事に奮闘する二児の母でもある。

天皇陛下御即位三十年奉祝委員会・奉祝委員、公益財団法人モラロジー研究所・特任教授をつとめる。


今回は、HASEが"白駒さんの選ぶ歴史上の偉人3人"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。