今回のゲストは、松島龍戒さん。

<プロフィール>

松島龍戒さんプロフィール

1968年、神奈川県生まれ。高野山真言宗功徳院住職。
一般社団法人現代仏教音楽研究会代表理事。臨床宗教師。
1991年、高野山真言宗の僧侶となる。
2005年から3年間の高野山修行時、伝統仏教声楽、声明の魅力に接し、その研鑽と普及を志す。
現在、高野山に伝わる南山進流声明の研鑽に務めると同時に、「お経は人生の参考書。大変縁起の良いもので、いつでも、どこでも、だれにでも、うれしく楽しく聴いてもらいたい」と思いながら、お経、声明の現代音楽表現の追求に励む。

書籍『癒しの声明CDハンドブック』(WAVE出版)
CD『聲奏一如1』
CD『聲奏一如2』


今回は、HASEが"功徳院の理念と永代供養墓"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、松島龍戒さん。

<プロフィール>

松島龍戒さんプロフィール

1968年、神奈川県生まれ。高野山真言宗功徳院住職。
一般社団法人現代仏教音楽研究会代表理事。臨床宗教師。
1991年、高野山真言宗の僧侶となる。
2005年から3年間の高野山修行時、伝統仏教声楽、声明の魅力に接し、その研鑽と普及を志す。
現在、高野山に伝わる南山進流声明の研鑽に務めると同時に、「お経は人生の参考書。大変縁起の良いもので、いつでも、どこでも、だれにでも、うれしく楽しく聴いてもらいたい」と思いながら、お経、声明の現代音楽表現の追求に励む。

書籍『癒しの声明CDハンドブック』(WAVE出版)
CD『聲奏一如1』
CD『聲奏一如2』


今回は、HASEが"臨床宗教師とお坊さんのあり方について"インタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、松島龍戒さん。

<プロフィール>

松島龍戒さんプロフィール

1968年、神奈川県生まれ。高野山真言宗功徳院住職。
一般社団法人現代仏教音楽研究会代表理事。臨床宗教師。
1991年、高野山真言宗の僧侶となる。
2005年から3年間の高野山修行時、伝統仏教声楽、声明の魅力に接し、その研鑽と普及を志す。
現在、高野山に伝わる南山進流声明の研鑽に務めると同時に、「お経は人生の参考書。大変縁起の良いもので、いつでも、どこでも、だれにでも、うれしく楽しく聴いてもらいたい」と思いながら、お経、声明の現代音楽表現の追求に励む。

書籍『癒しの声明CDハンドブック』(WAVE出版)
CD『聲奏一如1』
CD『聲奏一如2』


今回は、HASEが"声明"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、島田 裕巳さん。

<プロフィール>
作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師の島田 裕巳さんのプロフィール

1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。

学生時代に宗教学者の柳川啓一に師事し、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点から宗教現象を分析することに関心をもつ。大学在学中にヤマギシ会の運動に参加し、大学院に進学した後も、緑のふるさと運動にかかわる。雑誌『80年代』の立ち上げにも参加する。

大学院では、コミューン運動の研究を行い、医療と宗教との関係についても関心をもつ。放送教育開発センターの時代には、放送教育、遠隔教育の研究にも従事する。日本女子大学では宗教学を教える。

大学退職後は著述に専念し、その傍ら劇作にも挑戦し、2作が上演される。2作とも現代を代表する役者、若き日の堺雅人が出演した。

主な著書に、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』、『葬式は、要らない』、『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)などがある。とくに、『葬式は、要らない』は30万部のベストセラーになる。

宗教美術についての通史『日本宗教美術史』(芸術出版社)、映画について論じた『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、はじめての小説作品『小説日蓮』(東京書籍)、生まれ順による相性について解説した『相性が悪い!』(新潮新書)などもあり、カバーする領域は広い。『プア充』(早川書房)、『0葬』(集英社)などは、大きな話題になるとともに、タイトルがそのまま流行語になった。


今回は、HASEが"尊厳死と墓"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、島田 裕巳さん。

<プロフィール>
作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師の島田 裕巳さんのプロフィール

1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。

学生時代に宗教学者の柳川啓一に師事し、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点から宗教現象を分析することに関心をもつ。大学在学中にヤマギシ会の運動に参加し、大学院に進学した後も、緑のふるさと運動にかかわる。雑誌『80年代』の立ち上げにも参加する。

大学院では、コミューン運動の研究を行い、医療と宗教との関係についても関心をもつ。放送教育開発センターの時代には、放送教育、遠隔教育の研究にも従事する。日本女子大学では宗教学を教える。

大学退職後は著述に専念し、その傍ら劇作にも挑戦し、2作が上演される。2作とも現代を代表する役者、若き日の堺雅人が出演した。

主な著書に、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』、『葬式は、要らない』、『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)などがある。とくに、『葬式は、要らない』は30万部のベストセラーになる。

宗教美術についての通史『日本宗教美術史』(芸術出版社)、映画について論じた『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、はじめての小説作品『小説日蓮』(東京書籍)、生まれ順による相性について解説した『相性が悪い!』(新潮新書)などもあり、カバーする領域は広い。『プア充』(早川書房)、『0葬』(集英社)などは、大きな話題になるとともに、タイトルがそのまま流行語になった。

今回は、HASEが"地域社会と宗教"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、島田 裕巳さん。

<プロフィール>
作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師の島田 裕巳さんのプロフィール

1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。

学生時代に宗教学者の柳川啓一に師事し、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点から宗教現象を分析することに関心をもつ。大学在学中にヤマギシ会の運動に参加し、大学院に進学した後も、緑のふるさと運動にかかわる。雑誌『80年代』の立ち上げにも参加する。

大学院では、コミューン運動の研究を行い、医療と宗教との関係についても関心をもつ。放送教育開発センターの時代には、放送教育、遠隔教育の研究にも従事する。日本女子大学では宗教学を教える。

大学退職後は著述に専念し、その傍ら劇作にも挑戦し、2作が上演される。2作とも現代を代表する役者、若き日の堺雅人が出演した。

主な著書に、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』、『葬式は、要らない』、『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)などがある。とくに、『葬式は、要らない』は30万部のベストセラーになる。

宗教美術についての通史『日本宗教美術史』(芸術出版社)、映画について論じた『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、はじめての小説作品『小説日蓮』(東京書籍)、生まれ順による相性について解説した『相性が悪い!』(新潮新書)などもあり、カバーする領域は広い。『プア充』(早川書房)、『0葬』(集英社)などは、大きな話題になるとともに、タイトルがそのまま流行語になった。


今回は、HASEが"仏教の文化と葬儀のあり方"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、島田 裕巳さん。

<プロフィール>
作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師の島田 裕巳さんのプロフィール

1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。現在は作家、宗教学者、東京女子大学非常勤講師。

学生時代に宗教学者の柳川啓一に師事し、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点から宗教現象を分析することに関心をもつ。大学在学中にヤマギシ会の運動に参加し、大学院に進学した後も、緑のふるさと運動にかかわる。雑誌『80年代』の立ち上げにも参加する。

大学院では、コミューン運動の研究を行い、医療と宗教との関係についても関心をもつ。放送教育開発センターの時代には、放送教育、遠隔教育の研究にも従事する。日本女子大学では宗教学を教える。

大学退職後は著述に専念し、その傍ら劇作にも挑戦し、2作が上演される。2作とも現代を代表する役者、若き日の堺雅人が出演した。

主な著書に、『創価学会』(新潮新書)、『日本の10大新宗教』、『葬式は、要らない』、『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)などがある。とくに、『葬式は、要らない』は30万部のベストセラーになる。

宗教美術についての通史『日本宗教美術史』(芸術出版社)、映画について論じた『映画は父を殺すためにある』(ちくま文庫)、はじめての小説作品『小説日蓮』(東京書籍)、生まれ順による相性について解説した『相性が悪い!』(新潮新書)などもあり、カバーする領域は広い。『プア充』(早川書房)、『0葬』(集英社)などは、大きな話題になるとともに、タイトルがそのまま流行語になった。


今回は、HASEが"戒名の必要性"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、川野泰周さん。

<プロフィール>
川野泰周さんプロフィール

精神保健指定医・日本精神神経学会認定専門医・医師会認定産業医。
RESM新横浜、睡眠、呼吸メディカルケアクリニック副医院長。

1980年横浜生まれ。2004年、慶応義塾大学医学部医学科卒業。
臨床研修後、慶応義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。
11年より建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行。
14年より横浜にある臨済宗建長寺派・林香寺住職となる。
現在、寺務の傍ら都内及び横浜市内にあるクリニック等で精神科診療を行なっている。
うつ病、神経症、PTSD、睡眠障害などに対し、薬物療法と並び禅やマインドフルネスの実践を含む心理療法を積極的に取り入れた診療に当たっている。
また、ビジネスパーソン、看護職、介護職、学校教員、子育て世代の主婦などを対象に幅広く講演・講義を行っている。

書籍『悩みの9割は歩けば消える』(青春出版社)
  『ぷち瞑想習慣』(清流出版)
  『めんどうな心が楽になる』(牧野出版)


今回は、HASEが"現代の意識と瞑想"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。