【第156回】「Candle JUNE×HASE パート4」

  • 投稿日:
  • by

2016年5月のゲストは、キャンドルアーティストのCandle JUNEさん。
1994年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し、
様々なファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。
2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、
悲しみの地をめぐる旅を始める。
2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。
そして2011年3月11日に起こった東日本大震災を受け、
社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も福島で精力的な活動を行っている。
今回は、HASEが"幸せ・豊かさ"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


【第155回】「Candle JUNE×HASE パート3」

  • 投稿日:
  • by

2016年5月のゲストは、キャンドルアーティストのCandle JUNEさん。
1994年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し、
様々なファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。
2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、
悲しみの地をめぐる旅を始める。
2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。
そして2011年3月11日に起こった東日本大震災を受け、
社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も福島で精力的な活動を行っている。
今回は、HASEが"今後の活動"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


【第154回】「Candle JUNE×HASE パート2」

  • 投稿日:
  • by

2016年5月のゲストは、キャンドルアーティストのCandle JUNEさん。
1994年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し、
様々なファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。
2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、
悲しみの地をめぐる旅を始める。
2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。
そして2011年3月11日に起こった東日本大震災を受け、
社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も福島で精力的な活動を行っている。
今回は、HASEが"平和・未来についての思い"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


【第153回】「Candle JUNE×HASE パート1」

  • 投稿日:
  • by

2016年5月のゲストは、キャンドルアーティストのCandle JUNEさん。
1994年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し、
様々なファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。
2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、
悲しみの地をめぐる旅を始める。
2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。
そして2011年3月11日に起こった東日本大震災を受け、
社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も福島で精力的な活動を行っている。
今回は、HASEが"キャンドルとの出会い"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


2016年2月27日(土)、日典ラサ太田で開催された
『日典ラサの終活べんきょう会』。
この中で瑞岩寺住職のHASEが特別講演を行いました。
「戒名は自分で決めれるか?」という問題に
HASEが独自の回答をされています。
「なんとなく気になっているけど、よくわからない・・・」を
解決する特別講演の模様をお楽しみ下さい。


【第152回】「井上広法×HASE パート4」

  • 投稿日:
  • by

2016年4月のゲストは、井上広法さん。
1979年宇都宮市生まれ。浄土宗光琳寺 副住職。
佛教大学で浄土学を専攻したのち、
東京学芸大学で臨床心理学を専攻。グリーフケアの観点から
「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆。
科学的に心の仕組みを学んだ僧侶として活動し、
お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunohaを企画運営など、
幅広く活躍されています。
今回は、HASEが"老人と子供の繋がり"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


【第151回】「井上広法×HASE パート3」

  • 投稿日:
  • by

2016年4月のゲストは、井上広法さん。
1979年宇都宮市生まれ。浄土宗光琳寺 副住職。
佛教大学で浄土学を専攻したのち、
東京学芸大学で臨床心理学を専攻。グリーフケアの観点から
「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆。
科学的に心の仕組みを学んだ僧侶として活動し、
お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunohaを企画運営など、
幅広く活躍されています。
今回は、HASEが"hasunoha・寺子屋ブッダ"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


【第150回】「井上広法×HASE パート2」

  • 投稿日:
  • by

2016年4月のゲストは、井上広法さん。
1979年宇都宮市生まれ。浄土宗光琳寺 副住職。
佛教大学で浄土学を専攻したのち、
東京学芸大学で臨床心理学を専攻。グリーフケアの観点から
「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆。
科学的に心の仕組みを学んだ僧侶として活動し、
お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunohaを企画運営など、
幅広く活躍されています。
今回は、HASEが"布教とメディアの関わり"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


【第149回】「井上広法×HASE パート1」

  • 投稿日:
  • by

2016年4月のゲストは、井上広法さん。
1979年宇都宮市生まれ。浄土宗光琳寺 副住職。
佛教大学で浄土学を専攻したのち、
東京学芸大学で臨床心理学を専攻。グリーフケアの観点から
「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆。
科学的に心の仕組みを学んだ僧侶として活動し、
お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunohaを企画運営など、
幅広く活躍されています。
今回は、HASEが"浄土宗"についてインタビューしています。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。