今回のゲストは、碑文谷 創さん。

【碑文谷 創プロフィール】
1946年、岩手県に生まれる。葬送ジャーナリスト。
東京神学大学大学院修士課程中退。出版社勤務を経て、1990年表現文化社(当時 表現社)設立。
雑誌「SOGI」(隔月刊)の編集長を2016年まで務めた。
現在は、死や葬送関係に関する評論活動をテレビ・新聞・雑誌などで展開。
著書には『葬儀概論(現在四訂)』(三訂まで表現文化社、四訂から葬祭ディレクター技能審査協会)、『死に方を忘れた日本人』(大東出版社)、『Q&Aでわかる葬儀・お墓で困らない本』(大法輪閣)、『社葬』(出版文化社)、『お葬式』(小学館)、『「お葬式」の学び方』(講談社)などがある。


今回は、HASEが"丁寧な葬儀・お墓の現状"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、碑文谷 創さん。

【碑文谷 創プロフィール】
1946年、岩手県に生まれる。葬送ジャーナリスト。
東京神学大学大学院修士課程中退。出版社勤務を経て、1990年表現文化社(当時 表現社)設立。
雑誌「SOGI」(隔月刊)の編集長を2016年まで務めた。
現在は、死や葬送関係に関する評論活動をテレビ・新聞・雑誌などで展開。
著書には『葬儀概論(現在四訂)』(三訂まで表現文化社、四訂から葬祭ディレクター技能審査協会)、『死に方を忘れた日本人』(大東出版社)、『Q&Aでわかる葬儀・お墓で困らない本』(大法輪閣)、『社葬』(出版文化社)、『お葬式』(小学館)、『「お葬式」の学び方』(講談社)などがある。

今回は、HASEが"遺族に寄り添った葬儀"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、碑文谷 創さん。

<プロフィール>

【碑文谷 創プロフィール】

1946年、岩手県に生まれる。葬送ジャーナリスト。
東京神学大学大学院修士課程中退。出版社勤務を経て、1990年表現文化社(当時 表現社)設立。
雑誌「SOGI」(隔月刊)の編集長を2016年まで務めた。
現在は、死や葬送関係に関する評論活動をテレビ・新聞・雑誌などで展開。
著書には『葬儀概論(現在四訂)』(三訂まで表現文化社、四訂から葬祭ディレクター技能審査協会)、
『死に方を忘れた日本人』(大東出版社)、『Q&Aでわかる葬儀・お墓で困らない本』(大法輪閣)、
『社葬』(出版文化社)、『お葬式』(小学館)、『「お葬式」の学び方』(講談社)などがある。


今回は、HASEが"家族葬の現状"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。



今回のゲストは、千田利幸さん。

<プロフィール>

【千田利幸さんプロフィール】

19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。
大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも、3年後に多額の負債を抱えて破産寸前になる。
10年後完済間近で再び無職に。無収入が続く中、「人を元気にする」を信条として再スタート。
現在は真のリーダーの育成に力を注ぎ、「ありのままに今ここを生きる」という生き方で道を示すリーダーとして熱烈なファンが多い。わずか2年で100回以上受講する受講生が多数いる。
小さな会社や組織、コミュニティの変革にも力を注ぎ、ダイアログ、ホールシステムアプローチを使った、共に協働し未来を拓いていく手法で多くのコミュニティに関わっている。
心の在り方を全身全霊で語る姿が特徴。
2008年大人が夢を語るドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)にて感動大賞受賞。
2009年には2か所、2010年には13ヶ所のドリプラを企画。
北欧、アメリカ、フィリピン、ウガンダ、タイ、ニュージーランド、ジープ島などを歴訪するラーニング・ジャーニーを続けながら、真の在り方を今もなお探求し続けている。


今回は、HASEが"豊かな旅"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、千田利幸さん。

<プロフィール>

【千田利幸さんプロフィール】

19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。
大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも、3年後に多額の負債を抱えて破産寸前になる。
10年後完済間近で再び無職に。無収入が続く中、「人を元気にする」を信条として再スタート。
現在は真のリーダーの育成に力を注ぎ、「ありのままに今ここを生きる」という生き方で道を示すリーダーとして熱烈なファンが多い。わずか2年で100回以上受講する受講生が多数いる。
小さな会社や組織、コミュニティの変革にも力を注ぎ、ダイアログ、ホールシステムアプローチを使った、共に協働し未来を拓いていく手法で多くのコミュニティに関わっている。
心の在り方を全身全霊で語る姿が特徴。
2008年大人が夢を語るドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)にて感動大賞受賞。
2009年には2か所、2010年には13ヶ所のドリプラを企画。
北欧、アメリカ、フィリピン、ウガンダ、タイ、ニュージーランド、ジープ島などを歴訪するラーニング・ジャーニーを続けながら、真の在り方を今もなお探求し続けている。


今回は、HASEが"中道塾"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、千田利幸さん。

<プロフィール>

【千田利幸さんプロフィール】

19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。
大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも、3年後に多額の負債を抱えて破産寸前になる。
10年後完済間近で再び無職に。無収入が続く中、「人を元気にする」を信条として再スタート。
現在は真のリーダーの育成に力を注ぎ、「ありのままに今ここを生きる」という生き方で道を示すリーダーとして熱烈なファンが多い。わずか2年で100回以上受講する受講生が多数いる。
小さな会社や組織、コミュニティの変革にも力を注ぎ、ダイアログ、ホールシステムアプローチを使った、共に協働し未来を拓いていく手法で多くのコミュニティに関わっている。
心の在り方を全身全霊で語る姿が特徴。
2008年大人が夢を語るドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)にて感動大賞受賞。
2009年には2か所、2010年には13ヶ所のドリプラを企画。
北欧、アメリカ、フィリピン、ウガンダ、タイ、ニュージーランド、ジープ島などを歴訪するラーニング・ジャーニーを続けながら、真の在り方を今もなお探求し続けている。


今回は、HASEが"師匠との出会い"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、千田利幸さん。

<プロフィール>

【千田利幸さんプロフィール】

19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。
大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも、3年後に多額の負債を抱えて破産寸前になる。
10年後完済間近で再び無職に。無収入が続く中、「人を元気にする」を信条として再スタート。
現在は真のリーダーの育成に力を注ぎ、「ありのままに今ここを生きる」という生き方で道を示すリーダーとして熱烈なファンが多い。わずか2年で100回以上受講する受講生が多数いる。
小さな会社や組織、コミュニティの変革にも力を注ぎ、ダイアログ、ホールシステムアプローチを使った、共に協働し未来を拓いていく手法で多くのコミュニティに関わっている。
心の在り方を全身全霊で語る姿が特徴。
2008年大人が夢を語るドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)にて感動大賞受賞。
2009年には2か所、2010年には13ヶ所のドリプラを企画。
北欧、アメリカ、フィリピン、ウガンダ、タイ、ニュージーランド、ジープ島などを歴訪するラーニング・ジャーニーを続けながら、真の在り方を今もなお探求し続けている。


今回は、HASEが"1億の負債"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、萬田緑平さん。

<プロフィール>

【萬田緑平プロフィール】

1964年生まれ 
平成 3年 群馬大学医学部卒業
平成 4年4月~平成20年3月 群馬大学附属病院第一外科に所属 県内外の病院外科勤務
平成20年4月~平成29年 緩和ケア診療所・いっぽ 勤務
在宅緩和ケア医として1400人の看取りに関わる
平成29年6月~ 緩和ケア 萬田診療所 院長

診療以外に「最後まで目一杯生きる」と題した講演会を県内外で年間50回以上行い、新聞雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられている。

書籍『穏やかな死に医療はいらない』(朝日出版)
  『家に帰ろう~在宅緩和ケア医が見た旅立つ命の奇跡~』(徳間書店)
  『世界一ラクな「がん治療」』近藤誠共著(小学館)


今回は、HASEが"患者本人の意思"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、萬田緑平さん。

<プロフィール>

【萬田緑平プロフィール】

1964年生まれ 
平成 3年 群馬大学医学部卒業
平成 4年4月~平成20年3月 群馬大学附属病院第一外科に所属 県内外の病院外科勤務
平成20年4月~平成29年 緩和ケア診療所・いっぽ 勤務
在宅緩和ケア医として1400人の看取りに関わる
平成29年6月~ 緩和ケア 萬田診療所 院長

診療以外に「最後まで目一杯生きる」と題した講演会を県内外で年間50回以上行い、新聞雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられている。

書籍『穏やかな死に医療はいらない』(朝日出版)
  『家に帰ろう~在宅緩和ケア医が見た旅立つ命の奇跡~』(徳間書店)
  『世界一ラクな「がん治療」』近藤誠共著(小学館)


今回は、HASEが"最期の時"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。



今回のゲストは、萬田緑平さん。

<プロフィール>

【萬田緑平プロフィール】

1964年生まれ 
平成 3年 群馬大学医学部卒業
平成 4年4月~平成20年3月 群馬大学附属病院第一外科に所属 県内外の病院外科勤務
平成20年4月~平成29年 緩和ケア診療所・いっぽ 勤務
在宅緩和ケア医として1400人の看取りに関わる
平成29年6月~ 緩和ケア 萬田診療所 院長

診療以外に「最後まで目一杯生きる」と題した講演会を県内外で年間50回以上行い、新聞雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられている。

書籍『穏やかな死に医療はいらない』(朝日出版)
  『家に帰ろう~在宅緩和ケア医が見た旅立つ命の奇跡~』(徳間書店)
  『世界一ラクな「がん治療」』近藤誠共著(小学館)


今回は、HASEが"延命治療"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。