今回のゲストは、ケネス田中さん。

<プロフィール>
1947年山口県生まれ。日系二世の両親と1958年渡米。
スタンフォード大学卒(文化人類学BA)。米国仏教大学院修士過程修了、
Berkeley、California(仏教M.A.)。東京大学大学院修士過程修了(印度哲学修士)。
東京大学大学院博士過程退学。カリフォルニア大学(バークレー校)大学院博士課程修了。
哲学博士(仏教学Ph.D.)。元北カリフォルニア仏教連合会長。
元国際仏教キリスト教神学対話会評議員。
1984年 Graduate Theological Union、Berkeley、California准教授。
1998年武蔵野大学教授、現在に至る。

『アメリカ仏教〜仏教が変わる、アメリカも変わる〜』
『アメリカ流マインドを変える仏教入門』
『仏教と気づき』(武蔵野大学出版会)、『真宗入門』(法蔵館)


今回は、HASEが"書籍とダライ・ラマ"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、ケネス田中さん。

<プロフィール>
1947年山口県生まれ。日系二世の両親と1958年渡米。
スタンフォード大学卒(文化人類学BA)。米国仏教大学院修士過程修了、
Berkeley、California(仏教M.A.)。東京大学大学院修士過程修了(印度哲学修士)。
東京大学大学院博士過程退学。カリフォルニア大学(バークレー校)大学院博士課程修了。
哲学博士(仏教学Ph.D.)。元北カリフォルニア仏教連合会長。
元国際仏教キリスト教神学対話会評議員。
1984年 Graduate Theological Union、Berkeley、California准教授。
1998年武蔵野大学教授、現在に至る。

『アメリカ仏教〜仏教が変わる、アメリカも変わる〜』
『アメリカ流マインドを変える仏教入門』
『仏教と気づき』(武蔵野大学出版会)、『真宗入門』(法蔵館)


今回は、HASEが"ハワイと仏教のつながり"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、ケネス田中さん。

<プロフィール>
1947年山口県生まれ。日系二世の両親と1958年渡米。
スタンフォード大学卒(文化人類学BA)。米国仏教大学院修士過程修了、
Berkeley、California(仏教M.A.)。東京大学大学院修士過程修了(印度哲学修士)。
東京大学大学院博士過程退学。カリフォルニア大学(バークレー校)大学院博士課程修了。
哲学博士(仏教学Ph.D.)。元北カリフォルニア仏教連合会長。
元国際仏教キリスト教神学対話会評議員。
1984年 Graduate Theological Union、Berkeley、California准教授。
1998年武蔵野大学教授、現在に至る。

『アメリカ仏教〜仏教が変わる、アメリカも変わる〜』
『アメリカ流マインドを変える仏教入門』
『仏教と気づき』(武蔵野大学出版会)、『真宗入門』(法蔵館)


今回は、HASEが"アメリカと仏教"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、青木新門さん。

<プロフィール>
青木新門(あおきしんもん)
1937年富山県(下新川郡入善町荒又)生まれ
早稲田大学中退後、富山市で飲食店「すからべ」を経営
する傍ら文学を志す。吉村昭氏の推挙で「文学者」に
短編小説「柿の炎」が載るが、店が倒産。
1973年冠婚葬祭会社(現オークス)に入社。
専務取締役を経て、現在は顧問
1993年葬式の現場の体験を「納棺夫日記」として著し
ベストセラーとなり全国的に注目される
著書に「納棺夫日記」小説「柿の炎」詩集「雪道」童話
「つららの坊や」チベット旅行記「転生回廊」など
なお、「納棺夫日記」は1998年に米国で「Coffinman」と
題され英訳出版され、中国語、韓国語でも翻訳されている
また2008年に「納棺 夫日記」を原案とした映画「おくりびと」
がアカデミー賞を受賞して再び注目される。

今回は、HASEが"命のバトンタッチ"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、青木新門さん。

<プロフィール>
青木新門(あおきしんもん)
1937年富山県(下新川郡入善町荒又)生まれ
早稲田大学中退後、富山市で飲食店「すからべ」を経営
する傍ら文学を志す。吉村昭氏の推挙で「文学者」に
短編小説「柿の炎」が載るが、店が倒産。
1973年冠婚葬祭会社(現オークス)に入社。
専務取締役を経て、現在は顧問
1993年葬式の現場の体験を「納棺夫日記」として著し
ベストセラーとなり全国的に注目される
著書に「納棺夫日記」小説「柿の炎」詩集「雪道」童話
「つららの坊や」チベット旅行記「転生回廊」など
なお、「納棺夫日記」は1998年に米国で「Coffinman」と
題され英訳出版され、中国語、韓国語でも翻訳されている
また2008年に「納棺 夫日記」を原案とした映画「おくりびと」
がアカデミー賞を受賞して再び注目される。

今回は、HASEが"仏教と光"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、青木新門さん。

<プロフィール>
青木新門(あおきしんもん)
1937年富山県(下新川郡入善町荒又)生まれ
早稲田大学中退後、富山市で飲食店「すからべ」を経営
する傍ら文学を志す。吉村昭氏の推挙で「文学者」に
短編小説「柿の炎」が載るが、店が倒産。
1973年冠婚葬祭会社(現オークス)に入社。
専務取締役を経て、現在は顧問。
1993年葬式の現場の体験を「納棺夫日記」として著し
ベストセラーとなり全国的に注目される。
著書に「納棺夫日記」小説「柿の炎」詩集「雪道」童話
「つららの坊や」チベット旅行記「転生回廊」など。
なお、「納棺夫日記」は1998年に米国で「Coffinman」と
題され英訳出版され、中国語、韓国語でも翻訳されている。
また2008年に「納棺夫日記」を原案とした映画「おくりびと」
がアカデミー賞を受賞して再び注目される。

今回は、HASEが"生と死、家族葬"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、青木新門さん。

<プロフィール>
青木新門(あおきしんもん)
1937年富山県(下新川郡入善町荒又)生まれ
早稲田大学中退後、富山市で飲食店「すからべ」を経営
する傍ら文学を志す。吉村昭氏の推挙で「文学者」に
短編小説「柿の炎」が載るが、店が倒産。
1973年冠婚葬祭会社(現オークス)に入社。
専務取締役を経て、現在は顧問。
1993年葬式の現場の体験を「納棺夫日記」として著し
ベストセラーとなり全国的に注目される。
著書に「納棺夫日記」小説「柿の炎」詩集「雪道」童話
「つららの坊や」チベット旅行記「転生回廊」など。
なお、「納棺夫日記」は1998年に米国で「Coffinman」と
題され英訳出版され、中国語、韓国語でも翻訳されている。
また2008年に「納棺夫日記」を原案とした映画「おくりびと」
がアカデミー賞を受賞して再び注目される。

今回は、HASEが"納棺夫"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、米良美一さん。

2014年デビュー20周年を迎えた米良美一は、映画「もののけ姫」の主題歌を歌って一世を風靡し、その類まれな美声と音楽性で欧米でも高く評価されている。

1994年洗足学園音楽大学卒業。第8回古楽コンクール最高位(1位なし2位)受賞。
同年、バッハ・コレギウム・ジャパン定期公演の教会カンタータでデビュー。
1995年第6回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。
1996年よりオランダ政府給費留学生としてアムステルダム音楽院に留学。

第12回日本ゴールドディスク大賞、第21回日本アカデミー賞協会特別賞として主題歌賞をそれぞれ受賞。

今回は、HASEが"カウンターテナーという職業"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、米良美一さん。

2014年デビュー20周年を迎えた米良美一は、映画「もののけ姫」の主題歌を歌って一世を風靡し、その類まれな美声と音楽性で欧米でも高く評価されている。

1994年洗足学園音楽大学卒業。第8回古楽コンクール最高位(1位なし2位)受賞。
同年、バッハ・コレギウム・ジャパン定期公演の教会カンタータでデビュー。
1995年第6回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。
1996年よりオランダ政府給費留学生としてアムステルダム音楽院に留学。

第12回日本ゴールドディスク大賞、第21回日本アカデミー賞協会特別賞として主題歌賞をそれぞれ受賞。

今回は、HASEが"美と幸せ"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。


今回のゲストは、米良美一さん。

2014年デビュー20周年を迎えた米良美一は、映画「もののけ姫」の主題歌を歌って一世を風靡し、その類まれな美声と音楽性で欧米でも高く評価されている。

1994年洗足学園音楽大学卒業。第8回古楽コンクール最高位(1位なし2位)受賞。
同年、バッハ・コレギウム・ジャパン定期公演の教会カンタータでデビュー。
1995年第6回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。
1996年よりオランダ政府給費留学生としてアムステルダム音楽院に留学。

第12回日本ゴールドディスク大賞、第21回日本アカデミー賞協会特別賞として主題歌賞をそれぞれ受賞。

今回は、HASEが"もののけ姫以降の人生"についてインタビュー。
是非、ダウンロードしてお聴き下さいね。